マルチスライド式ダイカスト

マルチスライド式ダイカストは、金型の4つの垂直スライドを使用して非常に複雑で精密な鋳物を生産できるように設計されています。場合によっては、最大6つのスライドを使用することができますが、直角でない角度になることがあります。ダイカスト・ツーリングプロセスは主に小さな亜鉛部品に使用されますが、Dynacastはダイカスト・マグネシウム部品用にマルチスライド式機械も開発しました。

Dynacast独自のマルチスライド式ダイカストプロセス:

マルチスライド式ダイカスト用金型はダイブロック、スライダー、クロスヘッド、カバープレートで構成されています。それぞれのダイブロックにはその面にキャビティまたはコアがあり、それらが一緒になって溶融金属が射出される完全なキャビティとランナープロファイルを形成します。これらのダイブロックはスライド上に取り付けられ、クロスヘッドにぴったりはまり、解放操作と閉鎖操作を繰り返し行えるようにしています。ツールの上部にボルト付けされたカバープレートは、これらのすべての部品を1つにまとめます。

各スライドは閉鎖および解放シーケンスの間、当社のPCコントローラにより管理され、他のスライドと独立して動きます。これにより素晴らしい柔軟性が生まれ、部品の完全性が保証されツールの損傷を防ぐことができます。

部品の取り出しはエアーです。ショットはキャビティから吹き出され、パッド付き収集メカニズムに吹き込まれます。

ダイカスト・マシンは毎分最大75サイクル(4,500ショット/時)の速度で稼働します。この速度は遅い油圧ではなく、空圧を使用することで達成され、マシンのさまざまな部品を作動させます。機械的トグルメカニズムと油圧スラスタは空気圧で利用可能な弱いロック力を補い、射出プロセスの間ダイカスト金型をしっかり保持しています。一方でDynacastは完全油圧のマルチスライド式マシンも開発して、プロセスを部品にマッチさせることができるようにしています。

 

©2020 Dynacast. All rights reserved

最終更新日 11.26.2019