ホットチャンバー・ダイカスト

ホットチャンバー・ダイカストは、亜鉛、マグネシウム、および当社独自のマルチスライド式または標準ツーリングを使用する他の低溶融合金と共に使用できます。ホットチャンバー・プロセスは、金属ポット、シリンダー、プランジャーを容易に浸食しない金属に適しています。

ホットチャンバー標準ダイカストプロセスの操作順序

金型が閉じられ、ピストンが上がりきった後、ポートを開き、溶融金属がシリンダーに入るようにします。

次に、プランジャーはポートを密封し、溶融金属をグースネックとノズルを通してダイキャビティに押し込み、そこで凝固するまで圧力をかけます。

金型が開き、コアがあれば引っ込みます。鋳物は金型の半分ほどの部分だけ、押し出し側に留まります。プランジャーはその後元に戻り、残留溶融金属がノズルとグースネックを通して逆流できるようにします。

押し出しピンは、鋳物を押し出し、金型から押し出します。プランジャーが充填穴からカバーを取り外すと、溶融金属が注入口を通して流れグースネックを満たします。

 

©2020 Dynacast. All rights reserved

最終更新日 05.12.2020