ナレッジセンター

最新の精密金属の製造の進歩についての専門的な知識を取得します

薄肉アルミニウム部品の鋳造

アルミニウム・ダイカストを検討される場合、薄肉断面を持つ大型でかさばる部品を検討されたことがありますか?心配はご無用です。弊社はこれについてもすでに手がけたことがあるのです!マグネシウムと同じくらい軽量なアルミニウム部品を鋳造でき、引っ張り強さや表面処理のオプションが増えるといったメリットが増大するとすればどうでしょうか?以前は厚肉断面(通常1.5mm - 2.0mm)で重い部品が必要とされることからデザイン担当エンジニアはアルミニウムのダイカストを避けていました。

「薄肉のアルミニウム部品を鋳造するのが難しいのはなぜか?」とお考えになったこともあるかもしれません。アルミニウムは融点や凝固点が高いため、溶融金属が金型に注入される際にアルミニウムが急速に冷却し固まってしまいます。アルミニウムが液体から固体に至る間隔は非常にわずかなものであり、それゆえ薄肉(0.5mm – 1.0mm)の形状の作成のための充填時間は30ミリ秒未満でなければなりません。弊社のエンジニアは非常に厳密なプロセス制御によりこれを行います。ここでは10数個以上の変数に基づく精密な調整が成否を分けることになる場合があります。優れたツーリング・デザインも同様に重要となります。弊社のツーリング担当エンジニアはランナー装置や湯口のデザイン、適切なオーバーフロー配置やデザイン、そして適確な熱管理のバランスを完璧に取る必要があります。

アルミニウムに関心をお持ちではないですか?弊社のダイナミック金属セレクターを利用して他の合金の機械的特性や物理的特性を比較してみてください。

薄肉アルミニウムのテクノロジーの進化

薄肉断面を持つアルミニウム部品を鋳造するため、従来は特別な組成で鋳造流動性の高い合金が利用されてきました。しかしながら、弊社のエンジニアはこのテクノロジーを標準的な合金に応用する手法を最近開発したのです。向上したプロセス制御、最新のツール・デザインそしてマシンの機能拡張により弊社はダイカスト業界を根本的に変化させています。  

薄肉のアルミニウム部品のダイカストのメリット

薄肉断面のアルミニウム部品の鋳造 | Dynacast | ダイカストメーカー 他のダイカスト合金と比べ表面処理のオプションが豊富でより軽量な部品を製作できることは薄肉のアルミニウム・ダイカストにおける特筆すべきメリットです。2mmではなく0.5mmの肉厚の部品を作成することで重量を75%圧縮することができますが、これは自動車部品や携帯電話の軽量化を進める上で大きなインパクトをもたらすものです。またアルミニウムはすべてのダイカスト合金の中でもっとも高温の動作温度に耐えることのできる素材です。これに加え、アルミニウム鋳造は多目的に利用でき、耐腐食性があります。薄肉の厳格な寸法精度を維持し、さらにほとんどあらゆる業界において活用できるものです。

薄肉のアルミニウム・ダイカストのプロセスの詳細に関心をお持ちの場合、弊社の担当に問い合わせてみてください!喜んでお客様とともに新規プロジェクトを検証し、無償で見積りを提供いたします。

comments powered by Disqus
 

©2020 Dynacast. All rights reserved

最終更新日 12.24.2019