ナレッジセンター https://www.dynacast.com/ja-JP/Knowledge Center/Blog Tuesday, 11 August 2020 09:36:48 Tuesday, 11 August 2020 09:36:48 薄肉アルミニウム部品の鋳造 /ja-jp/japan-knowledge-center/blog/cast-aluminum-with-thin-walls {9B9F3F60-6819-4043-86E5-13C90D9EF148} <p class="p1">アルミニウム・ダイカストを検討される場合、薄肉断面を持つ大型でかさばる部品を検討されたことがありますか?心配はご無用です。弊社はこれについてもすでに手がけたことがあるのです!マグネシウムと同じくらい軽量なアルミニウム部品を鋳造でき、引っ張り強さや表面処理のオプションが増えるといったメリットが増大するとすればどうでしょうか?以前は厚肉断面(通常1.5mm - 2.0mm)で重い部品が必要とされることからデザイン担当エンジニアはアルミニウムのダイカストを避けていました。</p> <p class="p1">「薄肉のアルミニウム部品を鋳造するのが難しいのはなぜか?」とお考えになったこともあるかもしれません。アルミニウムは融点や凝固点が高いため、溶融金属が金型に注入される際にアルミニウムが急速に冷却し固まってしまいます。アルミニウムが液体から固体に至る間隔は非常にわずかなものであり、それゆえ薄肉(0.5mm – 1.0mm)の形状の作成のための充填時間は30ミリ秒未満でなければなりません。弊社のエンジニアは非常に厳密なプロセス制御によりこれを行います。ここでは10数個以上の変数に基づく精密な調整が成否を分けることになる場合があります。優れたツーリング・デザインも同様に重要となります。弊社のツーリング担当エンジニアはランナー装置や湯口のデザイン、適切なオーバーフロー配置やデザイン、そして適確な熱管理のバランスを完璧に取る必要があります。</p> <p class="p1"><strong>アルミニウムに関心をお持ちではないですか?<a href="/knowledge-center/dynamic-process-metal-selector">弊社のダイナミック金属セレクタ</a>ーを利用して他の合金の機械的特性や物理的特性を比較してみてください。</strong></p> <h2>薄肉アルミニウムのテクノロジーの進化</h2> <p class="p1">薄肉断面を持つアルミニウム部品を鋳造するため、従来は特別な組成で鋳造流動性の高い合金が利用されてきました。しかしながら、弊社のエンジニアはこのテクノロジーを標準的な合金に応用する手法を最近開発したのです。向上したプロセス制御、最新のツール・デザインそしてマシンの機能拡張により弊社はダイカスト業界を根本的に変化させています。 &nbsp;</p> <h2>薄肉のアルミニウム部品のダイカストのメリット</h2> <p class="p1">薄肉断面のアルミニウム部品の鋳造 | Dynacast | ダイカストメーカー 他のダイカスト合金と比べ表面処理のオプションが豊富でより軽量な部品を製作できることは薄肉のアルミニウム・ダイカストにおける特筆すべきメリットです。2mmではなく0.5mmの肉厚の部品を作成することで重量を75%圧縮することができますが、これは自動車部品や携帯電話の軽量化を進める上で大きなインパクトをもたらすものです。またアルミニウムはすべてのダイカスト合金の中でもっとも高温の動作温度に耐えることのできる素材です。これに加え、アルミニウム鋳造は多目的に利用でき、耐腐食性があります。薄肉の厳格な寸法精度を維持し、さらにほとんどあらゆる業界において活用できるものです。</p> <p class="p1"><strong>薄肉のアルミニウム・ダイカストのプロセスの詳細に関心をお持ちの場合、<a href="/discover-dynacast/contact">弊社の担当に問い合わせてみてください</a>!喜んでお客様とともに新規プロジェクトを検証し、無償で見積りを提供いたします。</strong></p> Thursday, 30 March 2017 12:00:00 マルチスライド式と従来型ダイカスト /ja-jp/japan-knowledge-center/blog/multi-slide-type-and-conventional-die-casting {541469F2-502F-4066-A3FF-9905CA958075} <div class="content-block block-100" rel-id="5218"> <div class="inner"> <a name="block-5218"></a> <p class="p1">弊社の最初のマルチスライド式ダイカストプロセスは1936年に発明されたものです。それ以来、弊社はツールやマシンの改良を続けてきました。お客様が従来型ダイカストプロセスを採用されている場合、マルチスライド式がどういう仕組みなのか、お客様のプロジェクトにどのように適合するのか理解するために時間を割いてみる価値があるかもしれません。お客様の部品が&nbsp;400グラム未満である場合、マルチスライド式は優れたオプションと言えます。従来型ダイカストは弊社の&nbsp;A2&nbsp;や&nbsp;A3&nbsp;マシンで処理できない大型部品に最適な処理です。ツーリングの構造や操作ならびにこれらを稼動するために利用されるマシンのタイプは従来型とマルチスライド式のダイカストでは大きな違いがあります。</p> <h2>Dynacast&nbsp;ツーリング</h2> <p class="p1">従来型ダイカストは2つの部位からなるツールを利用しております。一方でマルチスライド式は少なくとも4つの垂直スライドを利用しています。多くのスライドを利用することでばらつきを減らすことができ、またより複雑な形状の小型部品を製造する際には、より費用対効果が高くなります。それぞれのダイブロックにはその面にキャビティやコアが備わっています。それらが一緒になって、溶融金属がキャビティに射出され、部品が鋳造されます。</p> <p class="p2"><img border="0" src="-/media/229888C43E214E25A4EB09FCF88E4C0C.ashx " width="720" height="360" /></p> <p class="p1">エンジニアや設計者は、部品デザインに関してより小型で複数の機能を持つより複雑な部品を目指して限界に挑んでいます。弊社のマルチスライド式ダイカストプロセスはお客様の部品が&nbsp;400&nbsp;グラム以下であれば最適なオプションと言えます。弊社は従来型ダイカストマシンでも精密部品を作成することができます。しかしながらマルチスライド式ツールは一貫性と精度において右に出るものはない存在です。</p> <p class="p1">プロセスの如何を問わず、弊社は常に自らの金型のデザインに焦点を置き、二次加工を避けるためできるだけ多く部品の形状を取り入れるようにしています。弊社の目標は、最初から、そしていつでもネットシェイプを実現することにあります。こうした細心のプランニングにより機械加工の手間を省き、部品のトータルコストを削減します。</p> <p class="p1">金型の長期耐久寿命を保証するため、弊社のツール設計者は金型のどの部分が磨耗するか予測し、磨耗した際にツール全体ではなく単一の部位を容易に交換できるようツールを別個の部品として設計しています。これは弊社の顧客にとって多額のコスト削減になるだけでなく、新たな金型全体を作成する必要が生じた際にお客様のプロジェクトを迅速に復帰させることを保証します。</p> <h2>独自のダイカストマシン</h2> <p class="p1">弊社固有のマルチスライド式マシンは&nbsp;Dynacast&nbsp;においてのみご利用いただけます。アップグレードされたマシンには、柔軟性あるクロスヘッド接合装置や高速空圧射出装置を備えたスラスタが備わっています。弊社は大きなばりを発生させずにマシンを高速充填する機能を有しており、これにより表面処理の品質を高め、部品内部の巣を減少させます。弊社のマルチスライド式マシンは、最高の品質を保証しながら部品を大量生産することを可能とします。</p> <p class="p1">時間の経過とともにマシンは老朽化し、部品が磨耗し、そして技術が時代遅れとなる可能性があります。弊社は自らのマシンのすべてを社内で構築しているため、弊社の専門家がマルチスライド式と従来型の双方のダイカストマシン並びにこれを稼動させる制御装置に対し絶えず改修・改善を施しています。</p> <h2>マルチスライド式ダイカスト</h2> <p class="p1">弊社のマルチスライド式プロセスは小型で複雑な部品にとって最適なダイカストのオプションです。弊社はネットシェイプ部品を通常雌ネジや雄ネジを含め二次加工なして作成することができます。弊社はお客様に対しできる限り最高の部品を提供できるよう常にツールやマシンに改修を施し最適化を実施しています。弊社独自のマルチスライド式ダイカストプロセスの詳細、またはお見積もりの依頼については、弊社のエンジニアにお問い合わせてください。&nbsp;&nbsp;</p></div> </div> Monday, 01 August 2016 12:00:00 自動車業界の未来にあるもの /ja-jp/japan-knowledge-center/blog/blog-jp-future-auto-industry {964142AF-8B0F-46AC-B4F7-03ECE8E64C54} <p class="p1"><span class="s2">6</span><span class="s2"><b>歳</b></span>の<span class="s2"><b>頃</b></span><span class="s2">、</span>父<span class="s2"><b>親</b></span>の自<span class="s2"><b>動車</b></span>の<span class="s2"><b>運転</b></span>に同伴していたことを思い出します<span class="s2">。</span>その<span class="s2"><b>時</b></span><span class="s2">、</span>クルマについてあれこれ考え<span class="s2">、</span><span class="s2"><b>運転</b></span>できる年<span class="s2"><b>齢</b></span>になった<span class="s2"><b>時</b></span>どんなものとなるか想像していました<span class="s2">。</span>いつもクルマのことに<span class="s2"><b>夢</b></span>中で<span class="s2">、</span>当<span class="s2"><b>時</b></span>の<span class="s2">6</span><span class="s2"><b>歳</b></span>の<span class="s2"><b>頭</b></span>の中で大人になる<span class="s2"><b>頃</b></span>にはクルマが交通混<span class="s2"><b>雑</b></span>を避けてどこにでも<span class="s2"><b>飛</b></span>んでいけるよ<span class="s2">う</span>ジェット推<span class="s2"><b>進</b></span>式で翼がついたものになるにきまっていると考えたのです<span class="s2">。</span>父<span class="s2"><b>親</b></span>の方を向いて<span class="s2">「</span>クルマの<span class="s2"><b>運転</b></span>が自<span class="s2"><b>動</b></span>でできるよ<span class="s2">う</span>になると思<span class="s2">う</span>?<span class="s2">」</span>と<span class="s2"><b>尋</b></span>ねたのを<span class="s2"><b>覚</b></span>えています<span class="s2">。</span>彼は振り返って<span class="s2">「</span>私の生きている<span class="s2"><b>間</b></span>にはそ<span class="s2">う</span>ならないだろ<span class="s2">う</span><span class="s2">。</span>たとえそ<span class="s2">う</span>なっても<span class="s2">、</span>自分の<span class="s2"><b>運転</b></span>と同じくらい自<span class="s2"><b>動運転車</b></span>が安全だとは思わないよ<span class="s2">」</span>といいました<span class="s2">。</span><span class="s2">20</span>年後に私の考えは<span class="s2"><b>実現</b></span>し<span class="s2">、</span>父<span class="s2"><b>親</b></span>が<span class="s2"><b>間違</b></span>っていたことが判明することとなったのです<span class="s2">。</span><span class="s2"><b>飛</b></span>行自<span class="s2"><b>動車</b></span>は私が考えたよ<span class="s2">う</span>な形では<span class="s2"><b>実現</b></span>しませんでしたが(ただし<span class="s2"><b>実現</b></span>はしています)<span class="s2">、</span>自<span class="s2"><b>動運転車</b></span>の方は今後数年の<span class="s2">う</span>ちにほとんどはっきりとした形のある<span class="s2"><b>現実</b></span>となるでしょ<span class="s2">う</span><span class="s2">。</span></p> <p class="p2" /> <p class="p1">近年<span class="s2">、</span>ア<span class="s2">ウ</span>ディとデルファイの提携により画期的な一<span class="s2"><b>歩</b></span>が刻まれました<span class="s2">。「</span>ロ<span class="s2"><b>ー</b></span>ドランナ<span class="s2"><b>ー</b></span><span class="s2">」</span>と命名された自<span class="s2"><b>動車</b></span>が<span class="s2">、</span>サンフランシスコから全米を走行してニュ<span class="s2"><b>ー</b></span>ヨ<span class="s2"><b>ー</b></span>ク国<span class="s2"><b>際</b></span>自<span class="s2"><b>動車</b></span>ショ<span class="s2"><b>ー</b></span>まで<span class="s2">、</span>ほとんど人<span class="s2"><b>間</b></span>の介在を必要とせずに<span class="s2">9</span>日<span class="s2"><b>間</b></span>で<span class="s2">3,400</span>マイルの道程を走りきったのです<span class="s2">。</span>この自<span class="s2"><b>動車</b></span>は<span class="s2">、</span>デルファイの各<span class="s2"><b>種</b></span>予防安全装置を利用してこれを<span class="s2"><b>実現</b></span>させました<span class="s2">。</span>この自<span class="s2"><b>動車</b></span>には<span class="s2">6</span>つの<span class="s2"><b>長</b></span>距<span class="s2"><b>離</b></span>レ<span class="s2"><b>ー</b></span>ダ<span class="s2"><b>ー</b></span><span class="s2">、</span><span class="s2">4</span>つの短距<span class="s2"><b>離</b></span>レ<span class="s2"><b>ー</b></span>ダ<span class="s2"><b>ー</b></span><span class="s2">、</span><span class="s2">3</span>つの<span class="s2"><b>車載</b></span>カメラ<span class="s2">、</span><span class="s2">6</span>つの<span class="s2">LIDAR</span>センサ<span class="s2"><b>ー</b></span>が<span class="s2"><b>備</b></span>わっており<span class="s2">、</span><span class="s2"><b>無</b></span>数のソフト<span class="s2">ウ</span>ェア<span class="s2">・</span>アルゴリズムがこ<span class="s2">う</span>した装置が取得するあらゆる情<span class="s2"><b>報</b></span>を分析しています<span class="s2">。</span></p> <p class="p2" /> <p class="p1">この自<span class="s2"><b>動車</b></span>が全米を走行することができたとい<span class="s2">う</span>事<span class="s2"><b>実</b></span>はア<span class="s2">ウ</span>ディとデルファイの<span class="s2"><b>両</b></span>者にとって<span class="s2"><b>計</b></span>り知れない意味を持つものであり<span class="s2">、</span>また消<span class="s2"><b>費</b></span>者が自<span class="s2"><b>動車</b></span>と触れ合<span class="s2">う</span>あり方に大きな<span class="s2"><b>転換</b></span>を生じさせるものであるため<span class="s2"><b>業</b></span>界全体にとっても画期的な出来事と言えます<span class="s2">。</span>ごく短期<span class="s2"><b>間</b></span>の<span class="s2">う</span>ちに人が<span class="s2"><b>運転</b></span>席に座らなくなり<span class="s2">、</span>後部座席でメ<span class="s2"><b>ー</b></span>ルを<span class="s2"><b>書</b></span>いたり<span class="s2">、</span>カフェラテをすすっている<span class="s2"><b>間</b></span>にクルマが自ら道路を走っていくよ<span class="s2">う</span>な状<span class="s2"><b>態</b></span>になるかもしれません<span class="s2">。</span></p> <p class="p2" /> <p class="p1">デルファイは<span class="s2">、</span>ア<span class="s2">ウ</span>ディとの提携を通じてマスコミの注目の的となったよ<span class="s2">う</span>ですが<span class="s2">、</span>この<span class="s2"><b>業</b></span>界に多大なインパクトをもたらす他の多くのプレイヤ<span class="s2"><b>ー</b></span>が存在しています<span class="s2">。</span><span class="s2">TRW</span><span class="s2">、</span><span class="s2">Bosch</span><span class="s2">、</span>デンソ<span class="s2"><b>ー</b></span>や<span class="s2">Valeo</span>のよ<span class="s2">う</span>な名のある企<span class="s2"><b>業</b></span>に<span class="s2"><b>続</b></span>き<span class="s2">、</span><span class="s2"><b>様</b></span>々なタイプの予防安全装置の<span class="s2"><b>製</b></span>造に<span class="s2">Mobileye</span>や<span class="s2">Velodyne</span>のよ<span class="s2">う</span>な新<span class="s2"><b>顔</b></span>が加わっています<span class="s2">。</span>予防安全装置<span class="s2"><b>業</b></span>界は<span class="s2">、</span>今後<span class="s2">3</span>年<span class="s2"><b>間</b></span>で前年比<span class="s2">50</span>%の成<span class="s2"><b>長</b></span>を遂げることが予<span class="s2"><b>測</b></span>されています<span class="s2">。</span>これは自<span class="s2"><b>動車</b></span>メ<span class="s2"><b>ー</b></span>カ<span class="s2"><b>ー</b></span>がこの技<span class="s2"><b>術</b></span>に<span class="s2"><b>対応</b></span>し<span class="s2">、</span>コストも下がっていくためです<span class="s2">。</span></p> <p class="p2" /> <p class="p1">この技<span class="s2"><b>術</b></span>が安<span class="s2"><b>価</b></span>となるにつれ<span class="s2">、</span><span class="s2"><b>複</b></span>数の予防安全装置を<span class="s2"><b>備</b></span>えたクルマが<span class="s2"><b>発</b></span>表されるよ<span class="s2">う</span>になってゆくでしょ<span class="s2">う</span><span class="s2">。</span>これは<span class="s2">、</span>自<span class="s2"><b>動車</b></span>の<span class="s2"><b>運転</b></span>が必然的に安全なものになっていくことを意味しています<span class="s2">。</span>一部の自<span class="s2"><b>動車</b></span>メ<span class="s2"><b>ー</b></span>カ<span class="s2"><b>ー</b></span>は<span class="s2">、</span><span class="s2">2020</span>年までに全世界の自らの<span class="s2"><b>車両</b></span>における死亡事故ゼロを目<span class="s2"><b>標</b></span>に<span class="s2"><b>掲</b></span>げています<span class="s2">。</span>技<span class="s2"><b>術</b></span>の<span class="s2"><b>進歩</b></span>により<span class="s2">、</span>ほとんどの<span class="s2"><b>衝</b></span>突事故を防げるほどクルマが<span class="s2"><b>賢</b></span>くなっていくと彼らは信じています<span class="s2">。</span></p> <p class="p2" /> <p class="p1">人<span class="s2"><b>類</b></span>は<span class="s2"><b>過</b></span>去<span class="s2">1</span>世<span class="s2"><b>紀</b></span>にわたり自<span class="s2"><b>動車</b></span>に魅了されてきました<span class="s2">。</span>多くの人が自分の<span class="s2"><b>車両</b></span>に<span class="s2"><b>純粋</b></span>なこだわりを持っているため<span class="s2">、</span>テクノロジ<span class="s2"><b>ー</b></span>によって制御された自<span class="s2"><b>動運転車</b></span>は素早い判断をする上で人<span class="s2"><b>間</b></span>にはかなわないと主<span class="s2"><b>張</b></span>することでしょ<span class="s2">う</span><span class="s2">。</span>この主<span class="s2"><b>張</b></span>が<span class="s2"><b>間違</b></span>っていることはすぐに明らかとなるでしょ<span class="s2">う</span><span class="s2">。</span>特に社会生活の上で人々が<span class="s2">ウ</span>ェアラブル<span class="s2">・</span>デバイスやスマ<span class="s2"><b>ー</b></span>トフォンを通じて<span class="s2"><b>絶</b></span>えず<span class="s2"><b>気</b></span>を取られる状<span class="s2"><b>態</b></span>になってきている<span class="s2"><b>現実</b></span>からそ<span class="s2">う</span>言えます<span class="s2">。</span>かなり近い将来おそらく<span class="s2">15</span>年以内には<span class="s2">、</span>政府は人が<span class="s2"><b>運転</b></span>に<span class="s2"><b>適</b></span>さないと判断し<span class="s2">、</span>一<span class="s2"><b>連</b></span>の自律走行<span class="s2"><b>車両</b></span>が大幅に事故を<span class="s2"><b>減</b></span>らしながら行きたい<span class="s2"><b>場</b></span>所へ我々を<span class="s2"><b>輸</b></span>送していってくれることになるでしょ<span class="s2">う</span><span class="s2">。</span>映画<span class="s2">『</span>マイノリティ<span class="s2">・</span>リポ<span class="s2"><b>ー</b></span>ト<span class="s2">』</span>を<span class="s2"><b>見</b></span>た人にとって<span class="s2">、</span>その映画に出てくる自<span class="s2"><b>動運転車</b></span>が当<span class="s2"><b>時</b></span>は<span class="s2"><b>実現</b></span>不可能なものと写りましたが<span class="s2">、</span>この映画が公<span class="s2"><b>開</b></span>された<span class="s2">2002</span>年と比べるとそれほど<span class="s2"><b>現実離</b></span>れしたものではなくなっているかもしれません<span class="s2">。</span>この点の妥当性を<span class="s2"><b>検証</b></span>する新たな<span class="s2"><b>話題</b></span>として<span class="s2">、</span>メルセデス<span class="s2">・</span>ベンツが<span class="s2">2025</span>年までに完全自律走行<span class="s2"><b>車</b></span>の<span class="s2"><b>販売</b></span>を<span class="s2"><b>開</b></span>始する<span class="s2"><b>計</b></span>画を持っていることを最近<span class="s2"><b>発</b></span>表しています<span class="s2">。</span></p> <p class="p2" /> <p class="p1">自<span class="s2"><b>動車</b></span>の世界は<span class="s2">、</span><span class="s2"><b>過</b></span>去<span class="s2">70</span>年<span class="s2"><b>間</b></span>くらい<span class="s2"><b>業態</b></span>が安定した状<span class="s2"><b>態</b></span>が<span class="s2"><b>続</b></span>いていました<span class="s2">。</span>合<span class="s2"><b>併</b></span>もあり<span class="s2">、</span>パッシブセ<span class="s2"><b>ー</b></span>フティ<span class="s2"><b>ー</b></span>に<span class="s2"><b>関</b></span>する一定の<span class="s2"><b>進歩</b></span>もありました<span class="s2">。</span>また<span class="s2">Pontiac</span>や<span class="s2">Oldsmobile</span>のよ<span class="s2">う</span>なブランドが<span class="s2"><b>時</b></span>代<span class="s2"><b>遅</b></span>れとなって消えていくのを目<span class="s2"><b>撃</b></span>しましたが<span class="s2">、</span>こ<span class="s2">う</span>した<span class="s2"><b>変</b></span>化が何であれ<span class="s2">、</span>自<span class="s2"><b>動車</b></span>メ<span class="s2"><b>ー</b></span>カ<span class="s2"><b>ー</b></span>は依然として人がシ<span class="s2"><b>ー</b></span>トに座りハンドルを握って<span class="s2"><b>車両</b></span>を操作する<span class="s2"><b>製</b></span>品を作っていたのです<span class="s2">。</span>大きな<span class="s2"><b>転換</b></span>と言いましたが<span class="s2">、</span>これは<span class="s2"><b>誇張</b></span>ではありません<span class="s2">。</span>これは<span class="s2">、</span>マシンが人<span class="s2"><b>間</b></span>を自由に<span class="s2"><b>動</b></span>かす最初の瞬<span class="s2"><b>間</b></span>であり<span class="s2">、</span>ちょ<span class="s2">う</span>ど<span class="s2"><b>電車</b></span>と触れ合<span class="s2">う</span>よ<span class="s2">う</span>に自<span class="s2"><b>動車</b></span>と<span class="s2"><b>関</b></span>わっていくことを始めることになるのです<span class="s2">。</span>好むと好まざると<span class="s2">、</span>次にあなたが<span class="s2"><b>買</b></span><span class="s2">う</span>クルマ<span class="s2"><b>際</b></span>にあなた自身が<span class="s2"><b>運転</b></span>するのか<span class="s2">、</span>それともクルマがあなたを<span class="s2"><b>動</b></span>かすのかを<span class="s2"><b>問</b></span><span class="s2">う</span>ことになるかもしれません<span class="s2">。</span></p> Thursday, 02 June 2016 12:00:00 公差 /ja-jp/japan-knowledge-center/blog/blog-jp-tolerances {DD4D84C3-60D7-4D4A-99E5-29C5679B359E} <p class="p1">公差の基<span class="s1"><b>準</b></span>を<span class="s1"><b>設</b></span>定</p> <p class="p2" /> <p class="p1">弊社は公差を<b>異</b>なる<b>視</b>点から<b>検証</b>します。弊社の<b>規</b>格は<b>業</b>界の<b>規</b>格に<b>適</b>合するとともにこれを凌ぐものであり、世界中のデザイン担当者の指<b>針</b>として用いられています。公差は可能な限り<b>厳</b>密であればいいというものではなく、必要なだけ<b>厳</b>密であるべきものだと弊社は考えています。</p> <p class="p2" /> <p class="p1">弊社では寸法公差もしくは工程能力を<b>厳</b>しく管理することが重要だとは考えていません。<b>機</b>能要件の充足に必要となる事<b>項</b>や、どんな寸法や形状が必<b>須</b>となるのかを<b>検証</b>することが重要だと考えています。そして弊社はそれを<b>実現</b>するプロセスを<b>選</b>びます。</p> <p class="p2" /> <p class="p1">公差を<b>検証</b>する<b>際</b>、弊社は慎重に以下を分析します。</p> <p class="p2" /> <p class="p1">部品の形状</p> <p class="p1">金型における造作の近似性</p> <p class="p1">部品の他の形状に<b>対</b>する<b>関係</b></p> <p class="p1">金型の耐用年数や磨耗が<b>長</b>期的な工程能力に<b>対</b>し短期に与える影<b>響</b></p> <h2 class="blue">可動型&nbsp;</h2> <p><img border="0" src="-/media/CC010126199E417CADF952946C8CDE69.ashx " width="1200" height="630" /></p> <h2 class="blue">線寸法</h2> <p><img border="0" src="-/media/B7778C7F3FFE4BDAB12FE85B4EBC3D60.ashx " width="1200" height="630" /></p> <h2 class="blue">パーティングライン</h2> <p><img border="0" src="-/media/D1B0730FC187431A909882CAF9C53240.ashx " width="1200" height="630" /></p> Tuesday, 11 August 2020 09:36:48 ダイカストのデザインのヒント /ja-jp/japan-knowledge-center/blog/blog-jp-die-cast-design-tips {DAFB69B1-3B33-4079-B6F5-080B89F699E3} <div class="block-row" rel-rowtype="10"><div class="handle"></div><div class="row-delete"></div><div class="content-block block-100" rel-id="5187"><div class="inner imageblock"> <a name="block-5187"></a> <div class="flexslider" id="slide-1"><div class="flex-viewport" style="overflow: hidden; position: relative;"><ul class="slides" style="width: 1000%; transition-duration: 0s; transform: translate3d(-732px, 0px, 0px);"> <li class="clone" aria-hidden="true" style="width: 732px; float: left; display: block;"><img src="-/media/42AEFB5EF88741F7B2511ABC5A037DA7.ashx " alt="" draggable="false" /></li> <li style="width: 732px; float: left; display: block;" class="flex-active-slide"><img src="-/media/CCE158C221D14A09B8C0704A2E2955A1.ashx " alt="" draggable="false" /></li> <li style="width: 732px; float: left; display: block;"><img src="-/media/BCEE52C05C0D4854B3F92435E0D4E4A4.ashx " alt="" draggable="false" /></li> </ul> </div> <ol class="flex-control-nav flex-control-paging"> <li><a class="flex-active">1</a></li> <li><a>2</a></li> <li><a class="">3</a></li> </ol> <ul class="flex-direction-nav"> <li><a class="flex-prev" href="#">Previous</a></li> <li><a class="flex-next" href="#">Next</a></li> </ul></div> </div></div></div> <div class="block-row" rel-rowtype="10"><div class="handle"></div><div class="row-delete"></div><div class="content-block block-100" rel-id="5186"> <div class="inner"> <a name="block-5186"></a> <p class="p1"><span class="s1">Dynacast </span>では<span class="s1">、</span>お客<span class="s1"><b>様</b></span>から部品デザインを向上させる上でどんなヒントがあるのか<span class="s1"><b>尋</b></span>ねられることがよくあります<span class="s1">。</span>そこで弊社がダイカスト成形において推<span class="s1"><b>奨</b></span>しているもっと一般的なデザインのガイドラインの一部を<span class="s1"><b>紹</b></span>介したいと考えていました<span class="s1">。</span>ダイカストは<span class="s1"><b>様</b></span>々な金属を<span class="s1"><b>選択</b></span>することができ<span class="s1">、</span>成形された部品は多<span class="s1"><b>種</b></span>多<span class="s1"><b>様</b></span>なものがあります<span class="s1">。</span>以下のヒントが<span class="s1">、</span>多くの部品のデザインにおいて役立でしょ<span class="s1">う</span><span class="s1">。</span>また<span class="s1">、</span><span class="s1"><b>採</b></span>用したい合金や表面<span class="s1"><b>処</b></span>理を必ず考<span class="s1"><b>慮</b></span>するよ<span class="s1">う</span>にしてください<span class="s1">。</span></p> <p class="p2" /> <p class="p1">皆さんにお教えしたい最初のヒントは<span class="s1">、</span>部品に勾配を加えることです<span class="s1">。</span>勾配を<span class="s1"><b>設</b></span>けることは<span class="s1">、</span>部品の内壁と外壁<span class="s1">、</span>パ<span class="s1"><b>ー</b></span>ティングラインの垂直方向に<span class="s1"><b>対</b></span>し若干のテ<span class="s1"><b>ー</b></span>パを<span class="s1"><b>適</b></span>用することを意味します<span class="s1">。</span>これにより<span class="s1"><b>収縮</b></span>を抑制し<span class="s1">、</span>キャビティからの<span class="s1"><b>鋳</b></span>造品の取り外しを容易にします<span class="s1">。</span>勾配の追加により部品の<span class="s1"><b>鋳</b></span>造が容易になります<span class="s1">。</span>一般的に推<span class="s1"><b>奨</b></span>される<span class="s1"><b>抜</b></span>き勾配は合金やプロセスに<span class="s1"><b>応</b></span>じて<span class="s1">0.25</span>度から<span class="s1">1</span>度の<span class="s1"><b>範囲</b></span>となります<span class="s1">。</span>あなたの担当の<span class="s1"> Dynacast </span>技<span class="s1"><b>術</b></span>担当に<span class="s1"><b>対</b></span>し<span class="s1">、</span>勾配をつけたくない<span class="s1"><b>箇</b></span>所を必ず<span class="s1"><b>伝</b></span>えるよ<span class="s1">う</span>にしてください<span class="s1">。</span>多くの<span class="s1"><b>場</b></span>合において特定の<span class="s1"><b>箇</b></span>所でゼロに近い勾配を<span class="s1"><b>実現</b></span>することができます<span class="s1">。</span>部品をデザインする<span class="s1"><b>際</b></span>に勾配を考<span class="s1"><b>慮</b></span>し<span class="s1">、</span>最初から重要でない<span class="s1"><b>箇</b></span>所に大まかな勾配を<span class="s1"><b>適</b></span>用するよ<span class="s1">う</span>にするとよいでしょ<span class="s1">う</span><span class="s1">。</span></p> <p class="p1">また<span class="s1">、</span>部品のデザインに角<span class="s1">R</span>を必ず<span class="s1"><b>導</b></span>入するよ<span class="s1">う</span>にしてください<span class="s1">。</span>可能であれば特に重要でない<span class="s1"><b>箇</b></span>所で十分な角<span class="s1">R</span>を利用してください<span class="s1">。</span>角<span class="s1">R</span>が可能でないか望ましくない<span class="s1"><b>箇</b></span>所がある<span class="s1"><b>場</b></span>合<span class="s1">、</span>部品の<span class="s1"><b>図</b></span>面の注<span class="s1"><b>記</b></span>に<span class="s1"><b>記載</b></span>するよ<span class="s1">う</span>にしてください<span class="s1">。</span>角<span class="s1">R</span>は部品の<span class="s1"><b>強</b></span>度を高め<span class="s1">、</span>溶<span class="s1"><b>湯</b></span>の流<span class="s1"><b>動</b></span>性を改善し<span class="s1">、</span>その後の表面<span class="s1"><b>処</b></span>理を容易なものとします<span class="s1">。</span></p> <p class="p1">リブとボスは通常<span class="s1"><b>強</b></span>度を高めるために部品のデザインにおいて活用されています<span class="s1">。</span>それらは<span class="s1"><b>鋭</b></span>利な角部を<span class="s1"><b>減</b></span>らすためできるだけ角<span class="s1">R</span>と<span class="s1"><b>組</b></span>み合わせる必要があります<span class="s1">。</span>ほとんどのリブとボスは重要でない<span class="s1"><b>箇</b></span>所であるため<span class="s1">、</span><span class="s1"><b>適</b></span>当な勾配を<span class="s1"><b>適</b></span>用するよ<span class="s1">う</span>にしてください<span class="s1">。</span></p> <p class="p1">デザインしよ<span class="s1">う</span>としている部品が<span class="s1"><b>軽</b></span>量である必要がある<span class="s1"><b>場</b></span>合<span class="s1">、</span>よく利用されるオプションは肉厚部に肉<span class="s1"><b>抜</b></span>きをデザインすることです<span class="s1">。</span>これは部品の重量を<span class="s1"><b>減</b></span>らすだけでなく<span class="s1">、</span>サイクルタイムを短<span class="s1"><b>縮</b></span>しコストを削<span class="s1"><b>減</b></span>することにもなります<span class="s1">。</span>またここでも<span class="s1">、</span><span class="s1"><b>適</b></span>当な勾配と<span class="s1">R</span>を<span class="s1"><b>適</b></span>用するよ<span class="s1">う</span>にしてください<span class="s1">。</span></p> <p class="p1">ダイカスト部品をデザインする<span class="s1"><b>際</b></span><span class="s1">、</span>プロセスに伴<span class="s1">う</span>あらゆる事<span class="s1"><b>項</b></span>を考<span class="s1"><b>慮</b></span>してください<span class="s1">。</span>ほとんど追加コストがかからない工程を追加することを<span class="s1"><b>検討</b></span>してみてください<span class="s1">。</span>例えば<span class="s1">、</span>ロゴ<span class="s1">、</span>表面テクスチャ<span class="s1">、</span><span class="s1"><b>統</b></span>合型<span class="s1"><b>締</b></span>め具(リベット<span class="s1">、</span>スタッド)<span class="s1">、</span>エンボス加工の部品番号表示等があります<span class="s1">。</span><span class="s1">4</span>スライド式ダイカスト加工プロセスがさらなる柔<span class="s1"><b>軟</b></span>性を<span class="s1"><b>実現</b></span>することができます<span class="s1">。</span>あなたの担当の<span class="s1"> Dynacast </span>技<span class="s1"><b>術</b></span>担当がこ<span class="s1">う</span>したオプションや多くのことであなたのお力になれます<span class="s1">。</span></p> <p class="p1">最後に<span class="s1">、</span>最<span class="s1"><b>終製</b></span>品を<span class="s1"><b>製</b></span>造するためにキャビティへの溶<span class="s1"><b>湯</b></span>の流<span class="s1"><b>動</b></span>性を<span class="s1"><b>補</b></span>助するためのヒントをお教えしたいと思います<span class="s1">。</span>部品に滑らかな角部や均<span class="s1"><b>質</b></span>な<span class="s1"><b>箇</b></span>所がある<span class="s1"><b>場</b></span>合<span class="s1">、</span>金属がキャビティ全体に浸透しやすくなります<span class="s1">。</span>これにより溶融金属の乱流なしで迅速な充填が可能となります<span class="s1">。</span>しかしながら<span class="s1">、</span>均<span class="s1"><b>質</b></span>な部品が常に<span class="s1"><b>選択</b></span>肢となるとはかぎらないことがわかっています<span class="s1">。</span><span class="s1">.</span>溶<span class="s1"><b>湯</b></span>の流れについて言えば<span class="s1">、</span><span class="s1"><b>長</b></span>い<span class="s1">「</span><span class="s1"><b>窓</b></span><span class="s1">」</span>やスロットのある部品は溶<span class="s1"><b>湯</b></span>の注入を大幅に抑制する可能性があり<span class="s1">、</span>他方で丸い穴がある<span class="s1"><b>場</b></span>合には流れがスム<span class="s1"><b>ー</b></span>ズになります<span class="s1">。</span></p> <p class="p1">こ<span class="s1">う</span>したヒントがお役に立つことを<span class="s1"><b>願</b></span>っています<span class="s1">。</span>こ<span class="s1">う</span>したオプションの<span class="s1"><b>詳細</b></span>やここで述べていない追加的なオプションについて知りたい<span class="s1"><b>場</b></span>合には<span class="s1">、</span>弊社サイトの部品の改良ペ<span class="s1"><b>ー</b></span>ジをご<span class="s1"><b>確認</b></span>ください<span class="s1">。</span>ここには部品デザインの改良の仕方に<span class="s1"><b>関</b></span>する<span class="s1"><b>豊</b></span>富なノ<span class="s1">ウ</span>ハ<span class="s1">ウ</span>がつまっています<span class="s1">。</span></p> <p class="p2" /> <p class="p1"><span class="s1">Dynacast </span>には<span class="s1"><b>優</b></span>れた事前<span class="s1"><b>設計検討</b></span>(<span class="s1">DFM</span>)サ<span class="s1"><b>ー</b></span>ビスがあり<span class="s1">、</span>その<span class="s1"><b>詳細</b></span>についてはこちらで<span class="s1"><b>確認</b></span>することができます<span class="s1">。</span>このサ<span class="s1"><b>ー</b></span>ビスでは<span class="s1">、</span><span class="s1">Dynacast </span>の<span class="s1"><b>専門</b></span>家があなたのデザインを<span class="s1"><b>検証</b></span>し<span class="s1">、</span>ダイカストのデザインを容易にしたり<span class="s1">、</span>コスト<span class="s1"><b>効</b></span>率を高める方法について助言することができます<span class="s1">。</span></p> <p class="p2" /> <p class="p1">このほかに<span class="s1"><b>詳</b></span>しく知りたいデザインのヒントなどございますか?もしおありでしたら<span class="s1">、</span>それはどんなものでしょ<span class="s1">う</span>か?</p></div> </div></div> Tuesday, 11 August 2020 09:36:48