ナレッジセンター

最新の精密金属の製造の進歩についての専門的な知識を取得します

公差

公差の基

弊社は公差をなる点から検証します。弊社の格は界の格に合するとともにこれを凌ぐものであり、世界中のデザイン担当者の指として用いられています。公差は可能な限り密であればいいというものではなく、必要なだけ密であるべきものだと弊社は考えています。

弊社では寸法公差もしくは工程能力をしく管理することが重要だとは考えていません。能要件の充足に必要となる事や、どんな寸法や形状が必となるのかを検証することが重要だと考えています。そして弊社はそれを実現するプロセスをびます。

公差を検証する、弊社は慎重に以下を分析します。

部品の形状

金型における造作の近似性

部品の他の形状にする関係

金型の耐用年数や磨耗が期的な工程能力にし短期に与える影

可動型 

線寸法

パーティングライン

comments powered by Disqus
 

©2020 Dynacast. All rights reserved

最終更新日 04.27.2020