ナレッジセンター

最新の精密金属の製造の進歩についての専門的な知識を取得します

ダイカストのデザインのヒント

Dynacast ではお客から部品デザインを向上させる上でどんなヒントがあるのかねられることがよくありますそこで弊社がダイカスト成形において推しているもっと一般的なデザインのガイドラインの一部を介したいと考えていましたダイカストは々な金属を選択することができ成形された部品は多なものがあります以下のヒントが多くの部品のデザインにおいて役立でしょまた用したい合金や表面理を必ず考するよにしてください

皆さんにお教えしたい最初のヒントは部品に勾配を加えることです勾配をけることは部品の内壁と外壁ティングラインの垂直方向にし若干のテパを用することを意味しますこれにより収縮を抑制しキャビティからの造品の取り外しを容易にします勾配の追加により部品の造が容易になります一般的に推されるき勾配は合金やプロセスにじて0.25度から1度の範囲となりますあなたの担当の Dynacast 担当に勾配をつけたくない所を必ずえるよにしてください多くの合において特定の所でゼロに近い勾配を実現することができます部品をデザインするに勾配を考最初から重要でない所に大まかな勾配を用するよにするとよいでしょ

また部品のデザインに角Rを必ず入するよにしてください可能であれば特に重要でない所で十分な角Rを利用してくださいRが可能でないか望ましくない所がある部品の面の注記載するよにしてくださいRは部品の度を高めの流性を改善しその後の表面理を容易なものとします

リブとボスは通常度を高めるために部品のデザインにおいて活用されていますそれらは利な角部をらすためできるだけ角Rみ合わせる必要がありますほとんどのリブとボスは重要でない所であるため当な勾配を用するよにしてください

デザインしよとしている部品が量である必要があるよく利用されるオプションは肉厚部に肉きをデザインすることですこれは部品の重量をらすだけでなくサイクルタイムを短しコストを削することにもなりますまたここでも当な勾配とR用するよにしてください

ダイカスト部品をデザインするプロセスに伴あらゆる事を考してくださいほとんど追加コストがかからない工程を追加することを検討してみてください例えばロゴ表面テクスチャ合型め具(リベットスタッド)エンボス加工の部品番号表示等があります4スライド式ダイカスト加工プロセスがさらなる柔性を実現することができますあなたの担当の Dynacast 担当がこしたオプションや多くのことであなたのお力になれます

最後に終製品を造するためにキャビティへの溶の流性を助するためのヒントをお教えしたいと思います部品に滑らかな角部や均所がある金属がキャビティ全体に浸透しやすくなりますこれにより溶融金属の乱流なしで迅速な充填が可能となりますしかしながらな部品が常に選択肢となるとはかぎらないことがわかっています.の流れについて言えばやスロットのある部品は溶の注入を大幅に抑制する可能性があり他方で丸い穴がある合には流れがスムズになります

したヒントがお役に立つことをっていますしたオプションの詳細やここで述べていない追加的なオプションについて知りたい合には弊社サイトの部品の改良ペジをご確認くださいここには部品デザインの改良の仕方にする富なノがつまっています

Dynacast にはれた事前設計検討DFM)サビスがありその詳細についてはこちらで確認することができますこのサビスではDynacast 専門家があなたのデザインを検証ダイカストのデザインを容易にしたりコスト率を高める方法について助言することができます

このほかにしく知りたいデザインのヒントなどございますか?もしおありでしたらそれはどんなものでしょか?

comments powered by Disqus
 

©2020 Dynacast. All rights reserved

最終更新日 04.27.2020